オンラインのお花屋さん-彩 Aya

お正月飾り(獅子舞)

全て本物のお正月によく使われる縁起のいい花材を使って一つ一つ手作りをしたお正月のお飾り。
華やかな金色の柳に緑の松、真っ赤な南天、そしてかわいい獅子舞が鮮やかに映えます。



お正月に使われる花材には意味がありますが、ご存知ですか?


塗り柳は中国の故事にちなみ無事を祈るという意味。

松は言わずもがな、なお正月の花材ですが、真冬でも青々とした葉を茂らせる為長寿と健康のシンボルと言われています。また、神が降りてくる依代(よりしろ=目印)の意味もあります。

南天(ナンテン)は昔から厄災を退ける力があるといわれ「難転(〜難を転じて福となす〜)」の語呂あわせで、
縁起かつぎに使われてきました。冬の寒いときにも可憐な赤い実をつけるので慶事の飾りにも喜ばれて使われます。



花材それぞれの意味を知るとおめでたいパワーがアップする気がしてくるので不思議です。

お飾りとともに華やかに新しい1年を迎えましょう。

*獅子舞と水引の鶴がついたもの。2種類を用意しています。(こちらは獅子舞の注文ページです。)

*1点1点手づくり&自然の物を使用しているため写真と若干の違いが出ることがございます。

*サイズ:輪の部分の直径約18cm

*背面にフックなどに引っ掛ける輪をワイヤーで付けてあります。

*生花を使っているためお正月によい状態で飾っていただけるようお届け日は12/26以降となります。

*本製品の送料(箱代込み)は別途500円(税抜)となります。

販売価格
1,800円(税込1,944円)
購入数